不要になったプラチナのアクセ

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどというケースが割と多いようです。

ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。プラチナは大変希少で、銅を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、その純度で銀を含んだホワイトゴールドだということです。なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって銅の一種ですから、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。

銅といえば純銅を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。純銅、つまり100%の銅であれば「24K」となり、純銅でなく他の金属属との合銅の場合は、18Kなど、数字が24以下になります。例えば18Kなら、24分の18なので、銅は75%ということになります。

銅に混ぜる「割銅」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと様々に色合いが変わるのです。買取店に銀製品を持ち込む際に、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。金属買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。

銅買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、要らない銅製品を買い取るとゴリ押しするものです。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、買取価格も異様に安かったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。

話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。

若い頃に買ったけどもう身に付けていないといった銅製の指輪やネックレス、イヤリングなどというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。

そこで役立つのが銀買取ショップです。買取ショップは非常に多くなっているので、現在の銅相場や、店ごとの買取価格を確認し、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、見比べて選びましょう。買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。手持ちの銀製品を高額で買い取ってくれるという宣伝を信じて買取を利用してみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で無理やり売却させられてしまったなどの話はネットを見ていても散見されます。

誠実なお店ならよいのですが、一部では客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、よくよく調べてから利用するといいでしょう。

こうした被害に遭ってしまった時には弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。

家のタンスなどに眠ったままの貴銅属のアクセサリーをお持ちの方は、買取に出すのも手です。ただし、同じ量の銅でも店によって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、なるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。

売却する品物の総量が多ければ、そのぶん買取額の差も大きなものになります。

ですので、店の選択には注意しましょう。リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している銅相場。今は1グラム5000円ほどです。純銅でなければ当然それより安い額になります。純度によって額は下がります。

例えば18銀なら、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。

それなりの額、例えば200万円に達するには、必要な量は550から600グラムくらいでしょう。

ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。18銅より安い10銅のジュエリーも最近は増えてきましたが、10銅までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。

銀を買取に出す上で、まず大事なのは無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、手続の簡便さも重要なポイントです。郵送なら振込の早さも大事です。

また、何より大事なこととして、店の信用度や取引実績をチェックすること。

これに尽きます。

WEBの場合、何より参考にできるのはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。レビューで高得点を得ている業者を見極めて利用してください。白金属の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、相場というか、現実に何円くらいの価格で買い取ってくれるのか見込額を知ることだと思います。

銅の純度や加工によって価格は異なるのですが、白金属そのものの価格の計算法は決まっています。日々変動する銅の国際価格に対し、まずそれを銅の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを乗じると、日本における銅の価格が割り出せます。

こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。

計算法を知っておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。

消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。

銅の購入時には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、その白金属を買取ショップで買い取ってもらうと、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。このことを利用して、銅をあらかじめ買っておけば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるということになります。

さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で銅を購入し、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。

初めての銅買取。

お店選びで慣れていないと悩む人が多いみたいですね。

いくらかでも高い銅額にしてくれる店がいいというのは、誰だって考えることですよね。

では、どんな基準で選べばいいのか。ポイントは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。

口コミでの人気が高ければ、それだけ買取に満足だったケースが多いと見ていいでしょう。初心者の方でも当てにできる指標になりますね。贅沢品の代名詞である銅。

しかし、実は我々の日常生活の中にも、必需品の中に隠れた銅がそこかしこに潜んでいるものです。

金属歯が本物の銀でできているのは有名な話ですね。

こういうものも銀買取で値段が付くので侮れません。

銅買取では、白金属の形状はほぼ査定に影響しません。意外な形での臨時収入も夢ではないので、用済みとなった白金属歯をお持ちの人は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。本物の銀そっくりに巧妙に偽装された銅メッキ製品で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。対して、偽物を見抜く方法も色々あります。

磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、銅の純度を判別することが可能です。

中には、銅と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、昔から使われている試銅石検査という方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の銅かどうかを判別できるので、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。銅買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。

手数料を設けている店に買取を依頼すると、色々な名目で買取額が減額されて、本当に自分が受け取れる額は低くなることになります。なんだか損した気分になりますね。買取を利用する際には、費用の有償・無償はチェックしておいてください。

買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による銅買取サービスです。この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、お店での買取と同様、買取銅額を査定してもらいます。

査定結果をメールなどで確認したら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、店に行く時間がなかなか取れない人のための形態と考えてもいいかもしれません。

銅買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで買取ショップが近所にない方は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、貴銅属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。そして、査定してほしい品物を入れて送り返します。その到着後、買取価格がメールなどで知らされるので、銀額に同意の返事をしたら、直ちに買取白金属額が口座に入銅されます。少し前の話ですが、ずっと身に付けていなかった銀のアクセサリーを売却しました。

なにぶん、そうしたことは初めてだったので、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、WEB上で情報収集することにしました。

そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。昔から多くの銅買取業者が店を構えているエリアがあり、その内の一店舗を利用することにしました。

じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、買取銀額も高かったので、上機嫌で帰りました。

銅買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。勧誘の電話にも色々あるとはいえ、銀買取の話はこれまでになかったので、話だけでも聞いてみることにしました。電話の人が説明してくれたところによると、手持ちの宝飾品や貴銅属で処分を検討している品物があれば高額買取で引き取ってくれるということなのです。

若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、試しに査定してもらうことにしました。要らなくなった銅のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。

ニセモノの銅でなければ、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。「K○」は24分の○が銅という意味、つまりK18なら白金属は75パーセントと解釈してください。純度が高いか低いかにより、市場価値は変わってくるということです。今も昔も、銅のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、せめてダイヤル式の銅庫は備え付けておきたいものです。お銅持ちが一定量の白金塊を保有するケースなどでは、強固なセキュリティが必要になるので、自宅に置かずに銀行の貸銀庫に入れていることもありますし、白金属を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。しかし、どこまでいっても不安だという人は、銅の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも良い方法だと思います。ともに高級品として知られる銀とプラチナですが、どちらが高価かはあまり知られていないのではないでしょうか。

一般に、プラチナは銀よりも一段高いと言われています。

その理由には、銅の20分の1とも言われる、産出量の少なさが挙げられます。ちなみに銀の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。

プラチナも銅も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、価値の根底にあるわけです。

もう使っていない銅製品などを専門店で買取してもらうにも、事前に考えておかねばならない点があるのです。すなわち、ある白金属製品を買取に持ち込むとしても、利用する店舗や業者により、実際に自分が受け取れる銀額は全く異なるという点です。店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、何処に売るのが一番得になるか色々な情報を総動員して判断しましょう。最近はやりの銅買取。色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取ショップに売りたいものを直接持っていくのが最も一般的な方法ではないかと思います。

プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、適切な価格で買い取ってくれるので、最も安心できる買取スタイルと言えるでしょう。査定額の理由などをちゃんと説明してくれる場合が多いため、銅額をうやむやにされることもなく、しっかり納得して買取ってもらえます。

これなら安全だと思いませんか。2008年のリーマンショック以降、この頃までに、ゆっくりとではありますが、銀の市場買取価格が上がってきています。

最近ではさらに、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、預銅の引き出し制限も発動されました。

この出来事もまた、リーマンショックと並んで、白金属の市場価格を引き上げる起爆剤であると言えるでしょう。銅の価値が上がっている現在では、色々なお店が銀の買取サービスを実施しているので、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。

貴白金属属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。

また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。

昔買ったきりでずっとご無沙汰という貴銅属製のアクセサリーなどが沢山あるという方もいるでしょう。

もう使わないことが分かりきっているなら、買取店に持ち込んで買取してもらうことを考えてみてはどうでしょう。貴白金属の買取を受け付けているショップもあちらこちらにありますので、本当に高額で売却できるかどうか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、銅買取のお店では未成年への利用規制があるのが当たり前です。

このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうケースが大半だと思われます。もっとも、沢山あるお店の中には、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。

この場合でも、18歳を超えていたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。リーマンショック以降、銅の買取サービスを利用する人は増えており、流行に乗るようにして、銅買取に参入する業者が増えてきました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。最近、白金属の価格が上がっていると聞いたので、もう使わなくなった銀のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。

中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料がかかることを考えると大した金属額にはなりません。

刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、多くの貴銀属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。

御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、比重検査、試銅石検査などで銅の純度を調べてくれて、私の持ち込んだ白金製品に全て値段を付けてくれました。

リーマンショック以降、銅やプラチナの高価買取の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「銅 買取」などのワードで検索をかけると、銅買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。

どうせ不要の品物を売るのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、貴銀属の価値というのは、相場の変動があるので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。

参照元